• ネズミの種類とネズミ駆除の方法

    住宅地に多く出没するネズミを家ネズミと言い、ネズミ駆除を行うためには習性を知り最適な方法を選ぶことが大切です。



    ドブネズミは家ネズミの中でも体格が大きく、性格も凶暴です。湿った場所を好み、高い所に上るのは得意でないため、住宅の上層階よりも下層階に生息する傾向があります。平面的な行動が多いため、天井や屋根裏へネズミ駆除グッズを仕掛けても効果的ではありません。



    床下や窓際など、ドブネズミが苦手とする場所に罠や毒餌を仕掛けるのがおすすめです。クマネズミは住宅に棲みつく場合、天井裏や屋根裏などの狭い場所を好みます。


    屋根裏などをネズミの走る音が聞こえた時は、多くの場合クマネズミが侵入しています。

    外見はドブネズミと似ていますが、耳が大きく尻尾が長いのが特徴です。

    ドブネズミは平面行動が多いですが、クマネズミは縦行動が多く見られます。繁殖は気温の高い夏季に集中し、警戒心が強いため罠による捕獲は難しいネズミです。


    設置タイプの忌避剤や超音波・電磁波など、住宅から追い出すことを念頭にネズミ駆除グッズを選びましょう。
    ハツカネズミは住宅よりも物置や倉庫に棲みつくことの多いネズミです。



    体毛の色は様々で、ドブネズミやクマネズミよりも小さいものの、ジャンプ力が高くすばしっこいのが特徴です。
    ハツカネズミは小さいため、少しの隙間から侵入します。


    こちらクマネズミと同様に捕獲が難しいため、罠や毒餌よりも、ネズミの嫌う匂いや音を出す方法が向いています。